私鉄電車 ブラスモデル

阪急電鉄新1000系

阪急電鉄新1000系
1000
阪急電鉄新1000系
1500
阪急電鉄新1000系
1600
阪急電鉄新1000系
1050
阪急電鉄新1000系
1150
阪急電鉄新1000系
1550
阪急電鉄新1000系
1650
阪急電鉄新1000系
1100
阪急電鉄新1000系
前照灯・尾灯・上部種別・方向幕点灯の様子です。
阪急電鉄新1000系
阪急電鉄新1000系
側面ガラスはプラスチック成型ガラスを使用しました。

縮尺1/80・16・5mmゲージ鉄道模型  -阪急電鉄株式会社商品化許諾済-

完成品インテリア付き仕様・・・ ・2017年8月発売となりました

※ 当製品は、主材料に真鍮などの金属を使用した、ブラスモデル(金属製模型)です。

セット内容・価格 【 完成品インテリア付き仕様 】
EP172 新1000系8輌セット 578,000円+税
EP173 新1000系短縮4輌セット 298,000円+税
9227 新1000系(1002F)8輌車体キット 
詳細はこちら
200,000円+税

※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合もあります。
実車について

阪急電鉄新1000系は神戸線・宝塚線向けの通勤形電車で、2013年から営業運転を開始しました。当模型は1002F〜をモデルに製作しております。

エンドウ製阪急電鉄車輌としては初の16番模型として製作するに当たり、前頭部は真鍮絞り、ボディー屋根雨樋の深いRはプレス一体構造で製作、エンドウのプレス技術の粋を結集しました。
阪急電鉄ならではの窓縁は前面がエッチング、側面がプラスチック成型ガラスを適材適所で使用し、実感的な窓回りの再現に努めました。
マルーンカラーは阪急電鉄の監修の元、試作を重ねて塗料を製作の上で塗り上げました。
他にも客ドア戸当たりゴム脇の飾り帯は洋白材磨き出し、ステップ関係もステンレス材を使うことで実車の雰囲気を再現するよう努めました。
模型製品について

・主に真鍮素材を使用して製作、前頭部は真鍮絞り、ボディーは真鍮プレス加工
【前照灯・尾灯】点灯
【室内灯】エンドウ室内灯(チップLEDタイプ)
【先頭部連結器】密着連結器
【中間部連結器】エンドウ伸縮カプラー
【台車】FS-579

【パンタグラフ】イモン製品を使用予定
【動力】キヤノン製EN-22一般用両軸モーター+Φ10.5o波打ちグレー車輪+ WB26oMPギヤ
【方向幕】「特急 梅田」
【その他】ワイパー・車番レタシール等はお客様お取付け
(上記は現在の予定仕様です。今後変更となる場合があります)

編成例
秩父1000系編成例